読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Deep Sky Memories

横浜の空で撮影した星たちの思い出

笠井トレーディング BLANCA-80EDT

機材 鏡筒

現在使っている撮影鏡 BLANCA-80EDT について。

BLANCA-80EDT は 8cm F6 の屈折望遠鏡です。カメラレンズ風に言うと 480mm F6 です。

主な仕様は以下の通り。

製品名 BLANCA-80EDT
http://www.kasai-trading.jp/blanca-80edt.htm
メーカー 笠井トレーディング
http://www.kasai-trading.jp/
口径 80mm  
口径比 F6
焦点距離 480mm
光学系 3枚玉分離式EDアポクロマート
合焦機構 クレイフォード式デュアルスピードフォーカサー
鏡筒径 90mm
鏡筒長 360mm
重量 2.4kg (DX接眼部使用時の実測値)

一眼レフを安心して取り付けられるように接眼部は「高機能DXマイクロフォーカス接眼部」に交換したものを使っています。

以下、性能や使い勝手について実際に使ってみて気付いたことをまとめます。あくまで僕が2013年に購入した特定の個体についての評価です。マイナーチェンジ等で現在のモデルとは異なる可能性があります。

色収差は直焦点やレデューサー使用での撮影ではほぼ気になりません。月を撮る時はカメラ用の2xテレコンを使用して 960mm F12 で撮っていますが十分シャープな写りだと思います。ただしテレコン使用で E-M5 で撮った写真を等倍表示で見ると数ピクセル分の色ズレがあります。直焦点では問題ありません。画面全域で同じ方向に色がズレているのでスケアリングが合っていないせいかもしれません。*1

星雲・星団を撮る時はオプションの「ED屈折用0.6xレデューサー」を付けて 288mm F3.6 で撮影しています。フォーサーズ規格のカメラならフルサイズ換算 576mm です。このレデューサー、本当は F7〜F8 用で、BLANCA-80EDT には適合しないものですが、イメージサークルの小さいフォーサーズならなんとか… 四隅付近は非点収差やコマ収差で星像が伸びてしまって厳しいですがどうせトリミングが前提と割りきって使っています。

鏡筒の作りは外側は悪くないですが内側は… 遮光環が接眼部手前に一つしかないようです。高度20度くらいの低い位置の天体を撮ると地上の明かりによる迷光に悩まされて苦労しました。対策として自作の巻きつけフードでフードの長さを15cm延長しています。

機能的な特徴としては以下のものがあります。

  • 伸縮式の組み込みフード
  • アリガタにもなる三脚座
  • 回転式の接眼部

伸縮式フードはアルミ製でガタもありません。伸ばすと対物レンズから10.5cm、フード内径は9cmなので、計算上 0.6xレデューサー + フルサイズでもケラレないはずです。*2 むしろ短すぎるのが問題です。

三脚座は便利です。鏡筒バンドが不要になり軽量化に貢献しています。カメラネジ(1/4インチ)で架台に取り付けられる他、ビクセン互換のアリガタとして使えます。ただし台座の長さは7cmしかないので前後のバランス調整には限界があります。

鏡筒バンドが付属しないため、ガイド鏡の同架などには工夫が必要です。接眼部にビクセン規格のファインダー台座があるので、QHYCCD miniGuideScope のようなファインダーと差し替えられるタイプのものを使うのが簡単です。

三脚座が鏡筒に固定されていて鏡筒を回転できないので代替として接眼部に回転機構があります。接眼部のネジを緩めると接眼部全体が回転します。若干ガタがあり光軸ズレが心配ですが画質に目に見えた問題は出ていません。

ただし、フラットフレームの撮影には注意が必要です。元々接眼部の中心と光軸が一致しておらず、フラットが偏心してしまうのですが、そんな接眼部を回転させるとフラットの中心も回転してしまいます。接眼部の角度を撮影時のままにしてフラットを撮らないとフラットが合わなくなります。

付属のキャリングケースは決して丈夫とは言えませんが、鏡筒が軽いので十分使えます。型抜きしたウレタンが入っているので安心です。ただし、レデューサーや直焦アダプター付けたままでは入りません(ケースのサイズ自体が足りない)。また、接眼部を回転した場合は正位置に戻さないと入りません。

色々欠点はありますが、軽さが強みです。軽めの一眼とレデューサーにファインダーまで付けても、スカイメモSの1kgのカウンターウェイトでバランスします。ポータブル赤道儀で星雲・星団を狙う撮影鏡として、コストパフォーマンス的にも悪くない選択だと思います。

*1:E-M5 の画素ピッチは3.75μmで、レンズには厳しいカメラです(D800 でも 4.88μm)。

*2:実際にはこの組み合わせだと収差がひどくて使い物にならないと思いますが。