Deep Sky Memories

横浜の空で撮影した星たちの思い出

つらい

6月9日の満月の撮影は別として、丸1ヶ月ずっと天体撮影ができなくて弱ってます。

6月19日の夜は晴れていたのでベランダに機材をセッティングしたのですが、風が強くてガイドが乱れまくり、風が止むのを待っているうちに雲がひろがってしまい結局何も撮らずに終わりました。

7月1日の月面Xは雲で何も見えないので諦めてファミレスに出かけたら、帰りに雲が切れてたぶん10分くらい月が見えてたようなのですが、帰宅した頃にはまた雲に覆われて何も見えなくなってました。

今日は夕方まで晴れ間が見える天気でしたが夜は雲が出て雨でした。写真は日が沈む前に望遠レンズで撮った月です。

月 (2017/7/5 18:12)
月 (2017/7/5 18:12)
OLYMPUS OM-D E-M5, ZUIKO DIGITAL 35-100mm F2.0 + 2x TELECONVERTER EC-20 (200mm)
ISO 200, 1/500s
Lightroom CC で画像処理

このところ気力も体力もすっかり萎えていて昼の月みたいにぼんやりしています。上の写真は Lightroom で明瞭度とかシャープネス上げたりトーンカーブもいじってるのでそんなにぼんやりしていませんが。

スカイメモSでの限界もだいぶ見えてきたので、そろそろまともな赤道儀欲しいなーとぼんやりと思ってはいるのですが、部屋を大掃除しないと置く場所もないしなーとか外に持ち出すの今以上に大変になるよなーとか思ってるうちに気持ちも萎えてしまって具体的な購入計画は何も立ってません。

予算は20万円前後で考えていて、Vixen の SX2 か、iOptron の iEQ30 PRO か、とは前々から思ってはいるのですが踏みきれず。SX2 は STAR BOOK TEN を付けると25万円を越えるのが辛いし、iEQ30 は少しバランスが崩れるだけで脱調する癖があるそうで使いこなせるのかどうか…

広告を非表示にする