Deep Sky Memories

横浜の空で撮影した星たちの思い出

M45 プレアデス星団 (2019/10/31)

ハロウィンには特に興味がないので10月31日の夜は天体撮影をしていました。平日ですが、週末から天気が崩れると聞いていたのでちょっと無理して撮影。

ターゲットは M45 プレアデス星団です。M45 は2年前に撮っていますが、レデューサー使用だったのと、光害カットフィルターの影響か、青い色の発色がイマイチだったので、今回はレデューサーなしの直焦で、フィルターなしで撮ってみました。

いつものように南向きベランダからの撮影ですが、M45 は赤緯が高いので南中時にはベランダの天井に隠れてしまいます。なので早めに撮影開始して南中前に終わらせたかったのですが、ドリフトアライメントに手間取って撮影開始は23時過ぎに。

結局8コマ目の途中で天井が写野に入ってきて7コマで終了。本当は短時間露出のコマも撮ってHDRしたかったんですが叶いませんでした。ガイドは始めは好調だったのですが、4コマ目撮影後のディザの後蛇行運転が始まってしまい、後半はやや不安定でした。

結果はこちら。

M45 プレアデス星団 (2019/10/31 23:39)
M45 プレアデス星団 (2019/10/31 23:39)
笠井 BLANCA-80EDT (D80mm f480mm F6 屈折) / Vixen SX2, D30mm f130mm ガイド鏡 + ASI290MM + PHD2 による自動ガイド/ OLYMPUS OM-D E-M5 (ISO200, RAW) / 露出 8分 x 7コマ 総露出時間 56分 / DeepSkyStacker 4.1.1, Lightroom CC で画像処理, フルサイズ換算 1049mm 相当にトリミング

画像処理は Photoshop では縮小表示で階調が飛ぶ現象が発生して使い物にならなかったので、Lightroom のみで仕上げました。

光害カットフィルターを使わなかったのが功を奏したのか、前回うまく出なかった青いガスの色が綺麗に出るようになりました。さすがに光害地からの撮影では分子雲までは写りませんが、ガスの流れる様子もそこそこ写って満足です。

しかし、M45 でこれだともっと赤緯の高い M33 とかベランダからでは無理ですね。野外に機材を持ち出すことを考えなくては… 実は赤道儀と三脚を運ぶためのバッグは買ってあるんですが、台車がまだです。まずは台車を置く場所を確保しないと…