Deep Sky Memories

横浜の空で撮影した星たちの思い出

オリンポス山? (2018/8/14)

8月14日の火星です。21時前に1セット撮った後、1時間後にもう1セット撮ろうと思ったら雲が出てきて結局24時前になりました。

まず21時前の写真。

火星 (2018/8/14 20:38-20:51) (2000/5000 x4 de-rotation (20:44))
火星 (2018/8/14 20:38-20:51) (2000/5000 x4 de-rotation (20:44))
高橋 ミューロン180C (D180mm f2160mm F12 反射), AstroStreet GSO 2インチ2X EDレンズマルチバロー (合成F40.4), ZWO IR/UVカットフィルター 1.25", ZWO ADC 1.25" / Vixen SX2 / ZWO ASI290MC / 露出 1/60s x 2000/5000コマをスタック処理 x 4 を de-rotation / AutoStakkert!3 3.0.14, RegiStax 6.1.0.8, WinJUPOS 10.3.9, Lightroom Classic CC で画像処理

火星 (2018/8/14 20:38-20:51) (2000/5000 x4 de-rotation (20:44) LRGB(IR+RGB))
火星 (2018/8/14 20:38-20:51) (2000/5000 x4 de-rotation (20:44) LRGB(IR+RGB))
高橋 ミューロン180C (D180mm f2160mm F12 反射), AstroStreet GSO 2インチ2X EDレンズマルチバロー (合成F40.4), L: IR 850nmパスフィルター 1.25", RGB: ZWO IR/UVカットフィルター 1.25", ZWO ADC 1.25" / Vixen SX2 / L: ZWO ASI290MM, RGB: ZWO ASI290MC / L, RGB: 露出 1/60s x 2000/5000コマをスタック処理 x 4 を de-rotation したものをLRGB合成 / AutoStakkert!3 3.0.14, RegiStax 6.1.0.8, WinJUPOS 10.3.9, Lightroom Classic CC で画像処理

ダストストームはかなり落ち着いてきたとはいえ、まだ地表の模様は薄くしか見えません。IRではかなりくっきり見えるのですがゲインを上げる必要があるためノイジーで解像度がいまいち… シミュレーションではマリネリス峡谷が正面を向いているはずなんですが、全然わかりません。

24時前の写真がこちら。

火星 (2018/8/14 23:39-23:52) (2000/5000 x4 de-rotation (23:46))
火星 (2018/8/14 23:39-23:52) (2000/5000 x4 de-rotation (23:46))
高橋 ミューロン180C (D180mm f2160mm F12 反射), AstroStreet GSO 2インチ2X EDレンズマルチバロー (合成F40.4), ZWO IR/UVカットフィルター 1.25", ZWO ADC 1.25" / Vixen SX2 / ZWO ASI290MC / 露出 1/60s x 2000/5000コマをスタック処理 x 4 を de-rotation / AutoStakkert!3 3.0.14, RegiStax 6.1.0.8, WinJUPOS 10.3.9, Lightroom Classic CC で画像処理

火星 (2018/8/14 23:39-23:52) (2000/5000 x4 de-rotation (23:46) LRGB(IR+RGB))
火星 (2018/8/14 23:39-23:52) (2000/5000 x4 de-rotation (23:46) LRGB(IR+RGB))
高橋 ミューロン180C (D180mm f2160mm F12 反射), AstroStreet GSO 2インチ2X EDレンズマルチバロー (合成F40.4), L: IR 850nmパスフィルター 1.25", RGB: ZWO IR/UVカットフィルター 1.25", ZWO ADC 1.25" / Vixen SX2 / L: ZWO ASI290MM, RGB: ZWO ASI290MC / L, RGB: 露出 1/60s x 2000/5000コマをスタック処理 x 4 を de-rotation したものをLRGB合成 / AutoStakkert!3 3.0.14, RegiStax 6.1.0.8, WinJUPOS 10.3.9, Lightroom Classic CC で画像処理

これはRGB画像の方に注目。左上あたりに虫さされのあとみたいなぽつりとした模様が見えるのですが、これはオリンポス山でしょうか?位置的にはどうやらそのようなのですが。

RGBの全カットに写っているし自転に合わせて動いているので火星表面の何かであることは確かですが、IR画像ではほぼ何も見えないのが不思議です。標高2万1千メートルで太陽系最大の火山と言われるオリンポス山は是非一度撮ってみたかったので、これがそれだと嬉しいのですが…

南半球にはシレーンの海が見えていますが、ダストのせいかシミュレーションとはかなり違って見えます。今回の大接近は最後までダストストームに悩まされそうです。

木星、土星 (2018/8/14)

昨夜は夕方に金星が撮れたので、せっかくだから一晩で四惑星の撮影チャレンジしてみようと木星土星と火星も撮りました。が、夜半の悪シーイングと強風で木星土星は満足できる結果になりませんでした。火星については後ほど。

木星はプレビュー映像で見ると時々キリッとした像が見えていたのですが、シーイングが安定せず大きくボケたり強風でひどく揺れたりすることが多くて、スタックすると残念な結果に。

木星 (2018/8/14 19:13-19:22) (1500/2000 x4 de-rotation (19:18) LRGB)
木星 (2018/8/14 19:13-19:22) (1500/2000 x4 de-rotation (19:18) LRGB)
高橋 ミューロン180C (D180mm f2160mm F12 反射), AstroStreet GSO 2インチ2X EDレンズマルチバロー (合成F40.4), ZWO IR/UVカットフィルター 1.25", ZWO ADC 1.25" / Vixen SX2 / L: ZWO ASI290MM, RGB: ZWO ASI290MC / L, RGB: 露出 1/60s x 1500/3000コマをスタック処理 x 4 を de-rotation したものをLRGB合成 / AutoStakkert!3 3.0.14, RegiStax 6.1.0.8, WinJUPOS 10.3.9, Lightroom Classic CC で画像処理

土星も同様でカッシーニの間隙が全周写らない状況でした。さらに、de-rotation であらぬところにノイズが出てしまって de-rotation スタックも LRGB 合成もままならず… しかたがないのでカラー画像だけ載せます。

土星 (2018/8/14 19:51)
土星 (2018/8/14 19:51)
高橋 ミューロン180C (D180mm f2160mm F12 反射), AstroStreet GSO 2インチ2X EDレンズマルチバロー (合成F40.4), ZWO IR/UVカットフィルター 1.25", ZWO ADC 1.25" / Vixen SX2 / ZWO ASI290MC / 露出 1/30s x 1500/3000コマをスタック処理 / AutoStakkert!3 3.0.14, RegiStax 6.1.0.8, Lightroom Classic CC で画像処理

木星土星共に特に変わったことはないようです。夏の早い時間は陽炎のように気流が乱れるしこのあたりは南風が強いので惑星撮影には厳しいところ。木星はそろそろシーズンも終わりですが、土星も南中時刻がずいぶん早くなりました。火星を見送ったら今年の惑星撮影は終わりですかね。

いや、天王星海王星も一応撮ってみたいかな… でもそろそろDSOも撮りたい… 天候に恵まれなかったこともありますが、天の川も夏の星雲星団もほとんど撮れないまま夏が終わってしまいます。まあ今年の夏は火星が主役だったのでしょうがないですけど。

金星 (2018/8/14)

お盆休みの8月14日、帰省せずに自宅にこもっていたのですが、夕方そこそこ晴れていたので金星を撮ろうと16:30頃からベランダにスタンバイ。

ところがちょうど金星の方向に厚い雲が出てきてファインダーでも金星を視認できません。今日は無理かなーと思いつつも1時間程粘っていて、17:30頃にファインダーをのぞくと雲の切れ間に金星が。急いで撮ったのがこちら。このあとすぐ雲に隠れて見えなくなりました。

金星 (2018/8/14 17:37)
金星 (2018/8/14 17:37)
橋 ミューロン180C (D180mm f2160mm F12 反射), AstroStreet GSO 2インチ2X EDレンズマルチバロー (合成F40.4), ZWO IR/UVカットフィルター 1.25", ZWO ADC 1.25" / Vixen SX2 / ZWO ASI290MC / 露出 1/125s x 1000/3000コマをスタック処理 / AutoStakkert!3 3.0.14, RegiStax 6.1.0.8, Lightroom Classic CC で画像処理

金星は厚い雲に覆われて模様などは全く見えませんが、半月状に欠けていて立体感のある姿は趣があります。

ADCを調整する暇もなかったのでADCは前回火星を撮った時の状態でそのまま撮りましたがどうにかなったようです。金星は8cm屈折でデジカメで撮ったことはありましたが、μ-180C で撮るのは初めてです。動画スタックで撮るのも初めてです。なぜか継ぎ目破綻が目立ちやすかったのでAPを大きめにして wavelet 処理も控えめにしてみました。

金星はこれから秋にかけてだんだん欠けていきながら大きくなっていきます。南寄りに移動してきてベランダからも撮りやすくなるので今後も狙っていこうと思います。

映画『オデッセイ』を見ました

8月3日に日本テレビ金曜ロードSHOW!で火星大接近に合わせて放送された映画『オデッセイ』(原題:The Martian)を昨夜録画で見ました。原作(の邦訳『火星の人』)は以前呼んだのですが、映像化されたものを見るとやっぱり臨場感が迫ってきて感情移入も捗ります。初めて地上との通信に成功したシーンでは思わず涙が出てしまいました。

ストーリーそのものの感想は2年前に原作を読んで書いたものを別ブログに掲載しているのでそちらを見ていただくとして…

今日は映画に出てきた場所を自分が撮った写真の上で確かめてみた、という話です。また WinJUPOS を使ってます。WinJUPOS べんり。

なのですが… 今気付いたんですが、アレス3 の座標、原作と映画で違う!?原作では北緯31.2度、西経28.5度なんですが、映画でミンディが調べた座標は北緯46.7度、西経22度になっていました。ちょっと事情がわからないのですが、とりあえず原作ベースで調べたものをそのまま載せます。

さて、火星大接近に合わせて放送された『オデッセイ』ですが、実はこの日の夜に見えた火星では映画の舞台になった場所は裏側になって見えません。最接近の日に撮った写真にも写っていませんでした。が、たまたま7月19日の深夜に撮った写真に映画の舞台が写っていたので、その上にマッピングしてみました。

映画『オデッセイ』に登場した場所 (写真)
映画『オデッセイ』に登場した場所 (写真)
高橋 ミューロン180C (D180mm f2160mm F12 反射), AstroStreet GSO 2インチ2X EDレンズマルチバロー (合成F40.4), L: IR 850nmパスフィルター 1.25", RGB: ZWO IR/UVカットフィルター 1.25", ZWO ADC 1.25" / Vixen SX2 / L: ZWO ASI290MM, RGB: ZWO ASI290MC / L, RGB: 露出 1/60s x 2000/5000コマをスタック処理 x 3 を de-rotation したものをLRGB合成 / AutoStakkert!3 3.0.14, RegiStax 6.1.0.8, WinJUPOS 10.3.9, Lightroom Classic CC で画像処理

アレス3基地 北緯31.2度、西経28.5度
スキャパレリクレーター(アレス4 MAV) 南緯2.7度、東経16.7度 *1
パスファインダー 北緯19.5度、西経32.8度 *2

アレス4の MAV は直径458.52kmのスキャパレリクレーターのどこかにありますが、とりあえずクレーターの中心と思われる座標をマップしています。

マッピングの方法は WinJUPOS の image measurement の画面の Pos タブ上で狙った座標に印を付けてスクリーンショットを撮って元画像と重ねあわせて印を写し取る、というものです。もうちょっと賢い方法ないかなー…

上の写真から作った火星の地図にも印を付けてみました。

映画『オデッセイ』に登場した場所 (地図)
映画『オデッセイ』に登場した場所 (地図)

これは WinJUPOS の map computation で作った地図上で狙った座標にクロスヘアを置いてスクリーンショットを… という方法で作りました。

Map computation では距離も測れるのでアレス3基地からアレス4 MAV のあるスキャパレリクレーターまでの距離を測ったところ3275kmと出ました。作中でワトニーは3200kmと言っていますが、原作の地図で見ると MAV はクレーター内部の西寄りの場所にあるのでその分近いということのようです。

しかし小さな望遠鏡でも確認できるほどの距離なんですね。計算すると火星一周の約15%にもなります。とんでもないなと思いましたが、アメリカ大陸横断が約4000kmなので意外となんとかなりそう?

でも太陽電池が頼りですから、今の火星みたいに大黄雲に見舞われて何ヶ月も足止めを食らったら… というか、映画では省略されていたところですが、原作を読み返したらまさにそういう危機の話も出てきてました。

映画との違いというと、原作では大部分がワトニーの日記という形で一人称視点で物事が描かれているんですよね。映画だとどうしても三人称視点で見ることになってしまうのですが、原作だと読者がワトニーの思考をトレースする形で火星の日々を体験することになります。

ワトニーの救出劇は客観的に見れば奇跡ですし、映画も「奇跡的」な演出が追加されていたりして奇跡の物語として描かれているのですが、ワトニー自身は計算して判断して選択した結果の積み重ねとして体験しています。原作を読むと、その淡々とした積み重ねの重みがより伝わってくるので、原作はまだな方は是非。

…などと今日は火星のことばかり考えて半日過ごしていました。でも明日は月曜日。そろそろ地球上での生活のことを考えたいと思います…

木星、やはりLRGBで問題が… (2018/7/31)

7月31日の宵に撮った木星です。

木星 (2018/7/31 19:26-19:34) (1500/3000 x 4 de-rotation (19:30) manual LRGB)
木星 (2018/7/31 19:26-19:34) (1500/3000 x 4 de-rotation (19:30) manual LRGB)
高橋 ミューロン180C (D180mm f2160mm F12 反射), AstroStreet GSO 2インチ2X EDレンズマルチバロー (合成F40.4), ZWO IR/UVカットフィルター 1.25", ZWO ADC 1.25" / Vixen SX2 / L: ZWO ASI290MM, RGB: ZWO ASI290MC / L, RGB: 露出 1/60s x 1500/3000コマをスタック処理 x 4 を de-rotation したものをLRGB合成 / AutoStakkert!3 3.0.14, RegiStax 6.1.0.8, WinJUPOS 10.3.9, Lightroom Classic CC で画像処理

北赤道縞のうねりの細部がかなり写っていて今までのベストに近い写りだと思います。シーズンも終盤で撮影条件が悪くなる一方の木星ですがこういうことがあるのでやめられません。

上の写真の LRGB 合成は Photoshop で手動処理*1 しています。普通に(?) WinJUPOS で LRGB 合成したものが下の写真です。

木星 (2018/7/31 19:26-19:34) (1500/3000 x 4 de-rotation (19:30) WinJUPOS LRGB)
木星 (2018/7/31 19:26-19:34) (1500/3000 x 4 de-rotation (19:30) WinJUPOS LRGB)

ちょっとわかりにくいですが、flickr のアルバムで L, RGB, LRGB(手動), LRGB(WinJUPOS) の順で連続で見てみると、LRGB(手動) と LRGB(WinJUPOS) の違いが、そして LRGB(WinJUPOS) で増えている模様が L や RGB には見られない不自然なものだとわかります。

木星のLRGB合成 (2018/7/31)
木星のLRGB合成 (2018/7/31)

先日のエントリ「木星のLRGB画像に偽の模様」のコメント欄で★多摩の星空さんよりいただいたアドバイスに従って、今回はRB星さんの撮影&画像処理方法とほぼ同じ方法で撮ってみました。

具体的には RGBx2, Lx4, RGBx2 の順で撮影し、L の de-rotation と RGB の de-rotation で reference time をぴったり合わせる(RGB を L に合わせる)ようにしました。これで LRGB 合成(de-rotation of R/G/B frames)では de-rotation が発生しなくなり、二重に de-rotation することによる画質の低下が抑えられる、と理解したのですが…

しかし結局前回と似たような傾向の「偽の模様」が出てきてしまいました。

そのかわり手動 LRGB では模様のズレがほとんどない状態で合成できました。RGB が若干傾いていますが、このくらいは問題にならないような… 少なくとも WinJUPOS の LRGB 合成で出てくる偽の縞模様の原因になるとは考えにくいのです。

どうも WinJUPOS の LRGB 合成では L 画像に何らかのフィルター処理がかかっているように思えるのですが、気のせいでしょうか?それとも WinJUPOS のパラメータ設定のどこかでミスっているのでしょうか?

再現性があるのかどうかも定かではないので元データを公開します。興味のある方は「偽の模様」が再現するかどうか是非試してみてください。

Jupiter-180731.zip が今回の、Jupiter-180729.zip が前回のデータです。さすがに動画はでかすぎるので、AutoStakkert!3 でスタックした画像を入れてあります。

各画像の撮影日時はフォルダ名とファイル名からわかるようになっています。Jupiter-180731/L/19_28_54-lapl4-ap219.tif なら、日本時間の2018年7月31日19時28分54秒に撮影した L 画像です。RGB 画像はフリップミラー側で撮ったので元々は鏡像でしたが、左右反転済みの画像を入れてあります。

*1:RGB 画像を lab カラーにして L チャンネルを L 画像と挿し替えてレベル補正。

火星の地図 (2018/7/31)

7月31日に撮影した写真を元に WinJUPOS で火星の地図を作りました。

火星地図 (2018/7/31 22:00-25:00)
火星地図 (2018/7/31 22:00-25:00)

アラビア
大シルチス
インディス平原
ユートピア平原
チュレニーの海
キンメリア人の海
ヘラス盆地
エリダニア

前回は Cylindrical projection で高緯度地方の面積が狭くなっていましたが、今回は Lambert equal-area cyl. projection (ランベルト正積円筒図法)にしています。

元になった火星の連続写真を再掲します。どの地形がどこにあるか確認してみると楽しめます。

火星の自転 (2018/7/31)

地球で同じ時刻に見た時の火星の中央経度は東へと(マイナス方向に)ずれていきます。これからも撮影を続けていけば上の地図の右端の部分、さらに左端から右方向へと地図が埋まっていくはずです。

ただし火星の南中時刻がどんどん早くなっていくので観測可能な時間が減ってきます。7月31日の南中時刻は23:32でしたが、8月15日には22:18に、8月31日には21:11になります。氏直径は最接近時と比べると8月15日は3%程度ですが、8月31日には14%も小さくなります。

今はちょっと燃え尽き気味ですが、もう少し頑張って心置きなく火星を見送れるようにしたいです。

火星の自転 (2018/7/31)

7月31日の火星の連続写真をやっと仕上げました。22:00〜25:00 まで約30分毎に撮影した7枚の連続写真です。flickr のアルバムにまとめましたのでよかったら見てください。前半がカラー版、後半がIR+RGB版です。

火星の自転 (2018/7/31)

JavaScript のアニメーションにもしてみました。

カラー版:


IR+RGB 版:


正面にあったキンメリア人の海が通りすぎていってヘラス盆地や大シルチスが現れます。

微妙に傾いてたりするコマがありますがご容赦ください… これでも何度か image measurement をやりなおしています。木星のように水平の基準になる模様がないので苦労します。

撮影のたびに ADC の角度調整のために撮影システム全体を回転して、カメラも回転させているので、image measurement も1コマ毎に調整しています。システム全体を回転しなくてもプリズム部分だけうまいこと回転させればよかったのかな?