Deep Sky Memories

横浜の空で撮影した星たちの思い出

2699黒点群 (2018/2/12)

久々に大きめの黒点が出てきたのでCMOSカメラで撮影しました。

撮影前に SharpCap をアップデートしてバージョン 3.0.4076.0 にしました。そのせいなのか、いつもの設定(USB Traffice = 10, Gain = 10, Speed = 1)で撮ると縞々のノイズが出てしまいました。「CMOSカメラで月面撮影 (2017/11/1)」と同様のノイズです。

前は Gain を下げたら解消したのですが、今回は Gain をどう設定しても変わらず。色々設定を変えて試したところ、Speed = 2 に設定するとノイズが消えることがわかったので、その設定で撮りました。なんでそうなるのかさっぱりわかりませんが…

2699黒点群 (2018/2/12 14:25) (5%スタック)
2699黒点群 (2018/2/12 14:25) (5%スタック)
笠井 BLANCA-80EDT (D80mm f480mm F6 屈折), 笠井FMC3枚玉2.5倍ショートバロー (合成F15), Kenko PRO ND-100000 77mm / Kenko-Tokina スカイメモS / QHY5L-II-M / 露出 0.11ms x 100コマをスタック処理 / AutoStakkert!2 2.6.8, Lightroom Classic CC で画像処理

いまいちシャキっとしないです。何度もトライしましたが、どうしても SharpCap のプレビュー映像の印象よりもぼやけた仕上がりになってしまいました。去年撮った2687黒点群と比べても明らかにぼやけているので、時折吹く強風でブレまくったのがまずかったのかもしれません。

上の写真ではブレたフレームをなるべく拾わないように、いつもは2000フレーム中200フレーム(10%)をスタックしているところを100フレーム(5%)にしています。でも、あまり変わらない上にノイズが増えてイマイチです…